福井県の障がい者スポーツ活動推進
HOMEサイトマップお問合せ
Contents協会概要会員のみなさま情報発信大会予定福井県の注目アスリートスポーツ団体紹介会員募集障がい者スポーツ指導員育成スポーツ用具貸出人材バンクお問合せリンク集

新着情報

国体期間中のはぴりゅう広場にて「全国障害者スポーツ大会PRブース」を出展します

2018/9/28(金)

はぴりゅう広場(福井少年運動公園)にて、
スポーツ用品、特産品販売コーナー、福井ならではの飲食コーナー、休憩所など数多くの売店ブースが並ぶ中、
「全国障害者スポーツ大会」の理解・体験PRブースを出展します!
国体・障スポと盛り上がりましょう! ちらしは⇒コチラ 
はぴりゅう広場について詳しくは⇒コチラ ※日程変更や来場方法等が分かります!

開催日:9月29日(土)、10月6日(土)、7日(火)、8日(月・祝)、9日(火)
時 間:9/29(土) 9:00~17:00、10/6(土)~10/8(月・祝) 10:00~18:00、10/9(火)9:00~17:00
会 場:はぴりゅう広場 (福井少年運動公園)

インドネシアアジアパラ競技大会に日本代表として出場する陸上競技の伊藤竜也選手と卓球の永下尚也選手が表敬訪問しました!

2018/9/27(木)

平成30年10月6日~10月13日にジャカルタ で開催される「インドネシア2018アジアパラ競技大会」に、
「チームふくい」アスリートの伊藤竜也選手(32)と永下尚也選手(26)が出場します。

卓球の永下選手はアジアパラ競技大会出場は2回目。
陸上競技では、伊藤選手が本県では初めての出場です。

9月26日(水)県庁にて健康福祉部長を訪問し、
「金メダルを取って、東京2020パラリンピックに近づきたい」と力強く抱負を語り、
ジャカルタでの活躍を誓いました。
  
インドネシア2018アジアパラ競技大会の
特設ホームページは⇒コチラ

今年の秋は福井しあわせ元気大会と
インドネシア2018アジアパラリンピック大会に注目!!!

伊藤選手、永下選手 頑張ってきてください

「チームふくい」アスリート快挙!

2018/9/26(水)

「チームふくい」アスリートに認定されている、チームおよび選手が活躍しています

<水泳>
近江優菜選手と山本亮太選手が
9月22日(土)~24日(月・祝)に横浜市の横浜国際プールにて、
2018ジャパンパラ水泳競技大会に参加。
近江選手は100m背泳ぎと200m個人メドレーで準優勝!
50mと400m自由形ではそれぞれ3位入賞しました。
ジャパンパラ競技大会のHPに掲載されています⇒コチラ  記録はコチラ
~大会の様子~
  
 

<車いすバスケットボール>
FUKUI WBCが9月22日(土)、23日(日)に
兵庫県立西播磨総合リハビリテーションセンター ふれあいスポーツ交流館にて開催された、
2018西日本車いすバスケットボール交流大会に参加。
西日本のブロック6チームが出場。
FUKUI WBCは予選リーグを1位で通過!
決勝トーナメントでは、昨年優勝した神戸ZERO'sを70-31で圧勝。
初優勝を飾りました。
詳しくはJWBF(一社)日本車いすバスケットボール連盟のHPに掲載されています⇒コチラ

 

 

全国障害者スポーツ大会福井県選手団結団式が行われ、大会での健闘を誓いました。

2018/9/26(水)

第18回全国障害者スポーツ大会「福井しあわせ元気大会」(10月13日(土)~15日(月))に出場する
福井県選手団の結団式が、9月24日(月・祝)にアオッサ8階 県民ホールで行われ、大会での健闘を誓いました。
 
福井県選手団は、選手と役員あわせて448名。個人6競技、団体7競技すべてに出場します。

結団式では、各競技の選手団が紹介された後、登壇したそれぞれの競技の代表選手が、
「全力を尽くして、メダルを勝ち取ります」「チームみんなで力を合わせて全力で頑張ります」等、決意を述べました。
  
  

団長の西川一誠知事から、団旗が開会式の入場行進で旗手を務める車いすバスケットボールの北風大雅選手(金沢工業大学)に渡され、
北風選手は「福井県チームが、全員一丸となって試合に挑みます。」と抱負を述べました。
 
西川知事から「国体と障スポの融合を掲げ、すべての人がスポーツを通じて交流する大会を目指しています。
福井県の代表として誇りを持ち、これまでの練習で身に付けた力を存分に発揮することを期待します。」 と激励を受けました。 

また、「チームふくい」アスリートと強化練習をした北陸高校バレーボール部、啓新高校ソフトボール部等から
応援のビデオメッセージをいただきました。
     

選手を代表して、ソフトボールに出場する村井哲夫選手(アイシン・エィ・ダブリュ工業(株))が、
「これまでに支えてくださった学校や職場の方々に感謝し、『これからの福井』のために全力でプレーします」
と力強く決意のことばを述べました。
 

最後に、卓球競技の齊藤雅之選手(県立病院)の発声により、全員で「がんばろう三唱」を唱和し、健闘を誓い合いました。
 

福井しあわせ元気大会の開催は10月13日(土)~15日(月)
車いすバスケットボールは10月7日(日)、8日(月・祝)です。
競技の日程や会場については2018「福井しあわせ元気」国体・障スポのHPに掲載されています。
50年に1度の大舞台!ぜひ会場に足を運んで応援お願いします!⇒コチラ

がんばれ!!福井

障がい者スポーツ交流体験教室を開催しました<福井市立棗中学校>

2018/9/21(金)

9月7日(水)福井市立棗中学校にて、全校生徒を対象に『障がい者スポーツ交流体験教室』を行いしました。

「チームふくい」アスリート車いすバスケットボールの加藤選手、サウンドテーブルテニスの早苗選手、
福井県レディース卓球連盟の形谷氏を講師に招き、福井フェニックス(福井大学車いすバスケットボールチーム)の協力で
『障がい者スポーツ交流体験教室』を行いました。
 
10月13日(土)~15日(月)に開催される
全国障害者スポーツ大会「福井しあわせ元気大会」の
障がい者特有の競技についての説明の後、
 
各競技のルールや基本技術の説明を受け、生徒の皆さんは競技体験をしたり、
アスリート選手と一緒にプレーしたりして、交流を深めました。
 
  
先生方も挑戦!
 
体験終了後、加藤選手が「物事をやる前から、私には無理だといってあきらめてはいけない。
諦めるにしても、何事も一度、挑戦してみてからにしよう。」と話しすと、生徒のみなさんは静かに聞いていました。

 

「YMFSスポーツチャレンジ(体験/研究)助成」平成31年度(第13期生)募集

2018/9/21(金)

「YMFSスポーツチャレンジ(体験/研究)助成」平成31年度(第13期生)募集が開始されました。  
(公財)ヤマハ発動機スポーツ振興財団の要綱は以下のとおりです ※ちらしもクリック!     
※募集期間は10月31日(水)正午まで ウェブサイトからお申込ください。http://www.ymfs.jp/project/assist/13th/
助成目的
アスリート、指導者、審判、スポーツジャーナリストなど、スポーツに関連する幅広い分野から、
我が国のスポーツの普及・振興や競技水準向上につながる、高い志、明確な目的・目標、
そして具体的なプロセスを持ったチャレンジスピリット、フロンティアスピリットにあふれる人に対して助成を行うことにより、
世界にはばたく逞しい人材を育成することを目的としています。
助成の特色
「プロセス重視の独自サポートプログラムによる価値ある1年間」

YMFSでは「チャレンジの成果」はもとより、高いチャレンジ目標の設定やそこに至る「プロセス」も大切にしています。
PDCAサイクルをしっかりと実践し、さまざまな経験や交流による成長や向上のきっかけづくりも行っていく、
プロセス重視の独自サポートプログラムを準備しています。
助成対象
次の各要件を満たし、平成31年4月〜翌年3月の期間に取り組む活動に対し助成します。
※講習会やイベント開催などの普及活動、施設・団体などの運営活動、スポーツ少年団等の指導などは、助成対象外とします。

区分応募資格助成研修助成金額助成期間
アドバンスド世界選手権など国際レベルでの実績を有する、中学3年生以上(応募時)の個人および、これによって構成されるグループ・団体10件程度上限150万円1年間(平成31年4月~翌年3月)
ベーシック世界選手権など国際レベルを目指す、中学3年生以上(応募時)の個人および、これによって構成されるグループ・団体上限100万円
ジュニアジュニア世代の国際大会での実績を有する、中学1年生以上(応募時)の個人および、これによって構成されるグループ・団体5件程度5件程度5件程度5件程度5件程度上限50万円

注意事項
•プロ契約選手(競技を通して金銭を授受している方)や、他の団体等から助成または補助金を受ける方は対象外となります。
•グループ・団体での応募の場合、代表の方が応募資格に該当することが必須となります。
•本募集期間中に応募できる件数は、1人または1グループ・団体あたり1件のみとします。
•当助成に採択された方は、助成金贈呈式・修了式、中間・成果報告会などへ必ず参加し、
活動計画、四半期報告などの提出期限を順守し滞りなく行っていただきます。

【申込・問合先】
公益財団法人 ヤマハ発動機スポーツ振興財団(担当:山本)
〒438-8501 静岡県磐田市新貝2500番地
Tel.0538-32-9827 Fax.0538-32-1112

2018ジャパンパラ水泳競技大会

2018/9/21(金)

2018ジャパンパラ水泳競技大会に福井県の選手が参加します!
リオデジャネイロパラリンピック日本代表選手や豪華海外選手が参戦!  入場無料です
開催日:2018年9月22日(土)〜24日(月・振休)
会場:横浜国際プール(横浜市都筑区北山田7-3-1)
入場料無料
http://www.jsad.or.jp/japanpara/swimming/ 
ストリーミング中継もあります!
 
みなさん、応援よろしくお願いします!!!
 

金井大旺選手より「パン320個」贈呈されました

2018/9/20(木)

9月14日(金)福井特別支援学校にて、福井しあわせ元気国体の
陸上競技に出場予定の金井大旺選手(県スポーツ協会)より,
山崎パン(菓子パン)320個が障スポ福井県選手に贈呈されました。
 
贈呈式には金井選手のほか、陸上競技出場予定の及川文隆選手(県スポーツ協会)、村島匠選手(同)も訪れ、
福井特別支援学校在学の障スポ出場選手が、障スポ選手を代表して目録のボードを受取りました。
  

 

贈呈式後は、障スポ選手が金井選手に「競技に負けてしまった後、次の競技に向けてどういう気持ちの準備をするか」
「練習の時、なかなか記録が伸びない時はどうしているか」等、質問しアドバイスを受けました。
  
贈呈されたパンは9月24日(月・祝)の結団式で配ります。

がんばれ!!福井

 

「福井しあわせ元気大会」の選手団決定!説明会を開きました

2018/9/14(金)

第18回全国障害者スポーツ大会「福井しあわせ元気大会」に、出場する福井県選手団が決まりました!
福井県選手団は、選手と役員あわせて448名。

福井県は開催県のため、個人競技6競技、団体競技7競技すべてに出場します。

個人競技 出場選手等名簿.pdf (253,791バイト)
団体競技 出場選手等名簿.pdf (287,757バイト)

9月9日(日)福井済生会病院 研修講堂にて、福井しあわせ元気大会に向けての説明会を開催しました。
 
説明会は午前、午後と2回行われ、
福井県健康福祉部長から激励の言葉もあり、障スポ大会への士気が高まりました!
  

車いすバスケットボールは10月7日(日)、8日(月・祝)
その他の競技は10月13日(土)~15日(月)です! 

競技の日程や会場については2018「福井しあわせ元気」国体・障スポのHPに掲載されています。気になる選手も検索できます!⇒コチラ

がんばれ!!福井

 

しあわせ福井スポーツ協会に「横断幕」が贈呈されました

2018/9/14(金)

福井葵ライオンズクラブより、福井県チームを応援する「横断幕」が
しあわせ福井スポーツ協会に贈呈されました。
 
  

横断幕は障スポ会場に掲げ、
選手団には障スポ大会で力を十分に発揮してもらいたいと思います!

がんばれ!!福井

 

しあわせ福井スポーツ協会 〒918-8027 福井県福井市福町3-20(福井運動公園事務所内) TEL. 0776-43-9712 / FAX. 0776-43-9713
copyright 2018 hfsa happy fukui sports association all rights reserved.
powered by cheltenham software
ページTOPへ