福井県の障がい者スポーツ活動推進
HOMEサイトマップお問合せ
Contents協会概要会員のみなさま情報発信リレーエッセイ競技紹介大会予定福井県の注目アスリートスポーツ団体紹介会員募集障がい者スポーツ指導員育成スポーツ用具貸出人材バンクお問合せリンク集

リレーエッセイ

「伴走しての」

2021/12/15(水)

福井楽障クラブ
陸上競技 東度 晴美

「伴走しての、頼むざ。」、「ええっ!?」

いきなり言われてびっくりしたのは、5年ほど前のあるイベントの時でした。

 

当時の私はマラソンランナーと言うのも恥ずかしいくらいの、ウォーキングに毛が生えた程度の初心者でした。

ある日、クラブの先輩に誘われて参加したイベントは、足羽川の河川敷を菜の花を愛でながら走るというもので、中学生の伴走体験も兼ねている、のんびりとした大会でした。

中学生は当然、伴走をはじめて体験するのですが、それに付き添う大人の私も初めてです。

付き添いの大人の人数が足りないといわれ、むりやり「さあ行くよ」と言って伴走ロープを差し出してきたのが、福井楽障クラブの青竹レイ子会長だったのです。

青竹さんは視覚障がい者ランナーのパイオニアとして活躍する経験豊富な方で、初心者のわたしでも大丈夫と言われたのでした。

 

伴走とは、視覚障がいのマラソンランナーに付き添って伴走ロープでつながり走ることです。視覚障がい者は当然様々な危険がわからないため、我々伴走者が、目となり危険をさけながら、正しい方向に誘導して走らなければなりません。

視覚障がい者ランナーがすることは、自分のペースで走るだけ。すべてを信じて、ついていきます。

 

あれから5年、何回も転び、道を間違い、障害物にぶつかり・・・。

それでも、彼女は決して文句は言いません。私もやめようとは思いません。

なぜなら、2人で走り切ったその先には、1人の時の何倍もの大きな喜びがあるから。

あの日、菜の花の中で、こわごわ走ったあの時の自分は、今日のこの伴走にどっぷりつかる姿を想像していたでしょうか。

あの時の青竹さんとの出会いが、私の人生の分岐点だったのだと、今なら思います。

 

今、そしてこれから、障がい者スポーツに関わる人たちは、この思いを経験できるしあわせな人たちだと思います。

  • しあわせ福井スポーツ協会
  • 〒918-8027 福井市福町3-20(福井運動公園事務所内)
  • TEL. 0776-43-9712
  • FAX. 0776-43-9713
  • MAIL.
copyright 2022 hfsa happy fukui sports association all rights reserved.
powered by cheltenham software
ページTOPへ